記録と暮らしと、サイフの中身。。。カメラが欲しいんだっ!

↑リサ・ラーソンのハリネズミのキーホルダーを付けてるお財布。いまは、ペンケースとして使用中。

今までいろんな場所に引っ越しをしてきたけど、思い返せばどこもいいところでした。

かつて暮らした小さなアパートは、蜘蛛だらけだったけど、家のすぐ裏に小川が流れていて、春になると川沿いに見事な桜が連なって咲きました。

美しくて、雨の日にはアーチ型になった桜の枝をくくりながら、雨に打たれた桜の花びらが光るのを見たくって、ずっと傘をずらして上向きながら歩きました。

転勤などで家が変わるたびに、どこかしら思い出に残る、素敵なものに出会えて、シアワセでした(^▽^)

安売りスーパーとか、すごく通うの楽しかったな。割引になった商品を山ほど買って歩いて帰っても、全然疲れないでニッコニコでした。

惜しむらくは、当時はそのことに気づいていなかったこと。

もちろん思い出を写真におさめることもしませんでした。もったいない。

なので、これを教訓に、来年移り住む新居では、新しい暮らしと、それに伴って変化していく家の変化を記録したいと思っています。

 引っ越し=大慌てが今までの自分のスタンダードだったけど、次の引っ越しはもう焦ることもなく、ゆっくりしたらいいんだと、最近気づいたんですよね。

そしたら気持ちに余裕ができちゃったのか、こんなこと思うようになっちゃって(^_^ゞ


で!


そうなると記録のために、コンパクトなミラーレス一眼のカメラが欲しいって気持ちが芽生えてきちゃいました。

そればっかり考えちゃってっ

そうすれば、気が向いたときに取り出して、カンジよい写真が残せるぞっ。って妄想全開が止まらない状態!

でも、検索すると高い。。。

何かと物入りになるし、今年のお正月も質素にすると決めたばかりで、その価格を見て意気消沈。

カメラ買うのはやめるべき。。。と思いつつ、でも、でも、新しい暮らしを記録したい気持ちも捨てきれない。妄想が止まらないっ

夫もカメラには興味があるし、間が持たない(だろう)新しい二人の暮らしの共通の話題になってくれるかもしれないし。。。とか自分に言い聞かせ。。。

 家が趣味といえるような一年にしたいんです。

 それが自分にとっても、夫にとっても、いまに至った選択に対して最も納得できることじゃないのかと思うので。

 。。。。カメラやっぱり欲しい。。。


よし!


引っ越しまでに時間があるから、少しづつ切り詰めて、なんとかカメラ代捻出してみよう(`・ω・´)

財布の中身をちらちら見ながら、気を配ればきっとなんとかなりそうな。。FXで金利ももらえるし。。。

 ただ、問題はそれを大きな買い物に突入した夫に気軽に言えるのかっていう。。(困)

ちょっと、価格コム見てきます。

追記

この前、近所の河川敷にかかる橋を歩いてると、一眼レフで河の流れをパシャパシャ撮ってるお兄さんを発見。その姿がとても絵になってて印象的でした。

きっと、何気ない風景を記録に残すっていう行為自体が、特別なことに転換していると感じたんだと思います。それで彼の姿が絵になっていると感じたんだと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする