戸建ての取得コスト考察・固定金利と変動金利どちらがいい?

夫は早期退職を決めました。

いま暮らしているのは転勤先で、もとはゆかりもない土地です。

なので、夫が退職後は二人が育った場所である大阪で新居を構えて暮らすことになっています。

そして、新居を夫は決めました。

それは、予算オーバー物件です。

予算オーバー物件。。。。です。

どうも、夫の計算したところ500万円くらいはオーバーみたいなんですね。

これってどうなの?大丈夫なの?って、思いますよね。。。

これから先、収入もなくて、それで大丈夫なのかって。。。。

心配でしょ?普通に。

夫は楽天的に考えているわけではなくて、このことに対して、十分、悩んでいる模様。

でも、感じのいいと思う家を選んだら、高くなったみたいです。。。。。

で、これから先の足らないおカネの心配しているみたいです。

この前も、年金カット法案について、ちょっと軽く混乱した感じだったし。

今までの採用されてた物価スライド式をもとに、過去のデータから将来必要な資金とか計算していた模様。その上で購入できる新居の額を逆算していたみたいです。なのに、買った家は500万近くオーバーして、さらに現役世代の給与をもとに計算する年金システムに変わるっぽいと聞いて、将来の資産計算が破たんした感じ。。。。で、混乱って感じ。

どうですか?これ。我が家の状態。嫁は無職だし。なんの資格もないし。ヤバいでしょ?
夫は1年休んだら、働くといっているけど。。。。

で、この家の予算オーバーについて考えたんですが、戸建てって、土地と上物(建物・家屋)で成り立っているじゃないですか。

人が暮らすのは土地の上に作っている建物部分・家屋です。

この家屋部分のコストは、特殊な工法をしない限り日本全国ほぼ一緒でしょう。

家屋部分は、時間がたつごとに、古くなり、劣化して、その価値が時間の経過とともに下がっていきます。

中古物件と新築物件の差って、この家屋部分の劣化が価格に反映されているのだと思います。

しかし、土地価格自体は、その時の土地へのニーズの需要と供給で決定されます。

人気のないエリアなどで、住宅価格がそもそも安くなるのは、土地価格が安いからだと思います。

そして、中古価格の値下がり率が大きく感じるのも、この家屋部分の時間経過による価値下落が、もともとの土地価格に対して大きいから、値下がり自体も大きく感じるのではないかと思います。

だとしたら、今回契約した物件も土地価格さえ、さほどの変動がなければ、実質は家屋部分のコストの支払いだけで済むんじゃないのかな。。。と。つまり、どこで暮らしても一緒なのではないのかなって。(税金等未考慮)

土地はどうやっても無くならないから、消費しようがないですよね。。

土地は資産だから、いざとなったら、売却できるから、そう考えてもらえば、夫も少しは気が楽になるかな。。

家屋部分が劣化しても、それ以上に土地価格が上がれば、高くで売れますね。なかなかないですが。

今度暮らすのは、住宅地だし、周りは大きな学校施設があるので、人が減って、さびれていくという感じでもないし、現在が土地価格高騰っていうわけではないから、逆に大きく土地価格が下落するとも思えないんです。

よく、家は買った瞬間に2割安くなるといいますが、これは建築業者の取り分もそこに含まれるからでしょう。もちろん、すでに誰かが暮らした場所ですから、やはりその分安くなっちゃうのも仕方ないです。

って、事は、お家は買うときにどれくらい割り引いてもらえるかが重要になってくるんだと思います。夫は今回の家を、まだ完成してもないのに、割り引いて契約しました。本当にこの点についてはすごい人だと思います。転勤前に暮らしていて、いまは賃貸に出しているマンションも夫は持っているんですが、これも入居が始まっていないうちに2割引いて契約したんです。本当にこういうのが、上手な人だと思います。感心します。

あとは住宅ローン金利ですよね。今はマイナス金利なんていって、銀行にお金を預けても全然利息をもらえない時代ですが、同時に貸出金利も安い時代です。

将来の支払いを安定させるために、固定金利を選ぶ人もいるかと思いますが、固定金利ってお高いですから、マイナス金利って言葉が聞かれるうちは、変動金利を選ぶ方が、お得です。

テレビのニュースで「物価上げたい」って日銀や政府が言っている間は、金利を上げませんから、その間は低金利の変動金利を選んでください。これが一番節約になるんじゃないかなって思います。

長期ローンになりますから割引いて買うより、こちらのほうが支払いウェート大きいですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする